NEWS

2019.12.02

漢方婦人科 〜生理痛3 体が冷えて塊が出る生理痛の方〜

こんにちは

成田の漢方薬局 下田康生堂です。

 

月経痛(生理痛)について

 

生理痛の鎮痛薬がテレビで頻繁に見られるように「生理痛はあるのが普通」と多くの女性は思われています。

ご相談の際に「本来は痛みはないものですよ」とお伝えすると多くのお客様がびっくりします。さらに漢方薬を飲んで生理痛がなくなると今まで当たり前だった痛みがなくなるので尚更びっくりされます。

漢方薬の本場中国では、小さいころから「生理中は冷たい飲食物を控えたり、血を補う食べ物をとること」とお母さんから伝えられていて、生理は女性にとって、とても重要な事であるという認識が浸透していて意識の違いを痛感します。

 

寒凝血瘀による生理痛

 

痛み方 生理前・生理中に冷えて痛みを感じ、温めると楽になる
出血の量や色、塊の有無 出血量が少なく、色が暗めで塊がある
その他 顔色が青白く、体が冷えやすい

 

といった特徴があります。

寒凝血瘀による生理痛で悩まれる方のキーポイントは

体の冷えによる血流障害」です。

寒邪(カンジャ:体を冷やしたり、寒い環境にいると体内に入り込みやすくなる邪気です)が体内に入り込むことで、血管が縮こまり、血流が障害されます。寒凝血瘀による生理痛では冷えを感じることがポイントで、生理中や生理前に下腹部が冷えて痛んでしまいます。温めることで痛みが楽になるのは体を温めることで血の凝集が解消され、体の痞えが取れてくるからになります。

 

そのため、気滞血瘀による生理痛の場合は温経散寒、養営活血、化瘀止痛の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

少腹逐瘀湯があります。

 

当帰 蒲黄 没薬 川芎 赤芍 五霊脂 肉桂 乾姜 延胡索 小茴香

 

冷えは万病のもと

とよく言われます。冷えによる血の凝集は生理痛以外にも婦人科系の疾患の原因となってしましますので早めのケアが大切です。

 

生理痛など婦人科のお悩みは漢方薬の得意分野の一つです。鎮痛薬で紛らわすのではなく、根本的な解決を漢方薬でされてみてはいかがでしょうか。