NEWS

2020.06.03

漢方婦人科 〜生理周期が長くなりやすい方6〜

生理周期が長い方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3 〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

生理周期が予定日より7日以上遅れたり、40日〜50日に一度来る状態が2周期以上続いている方は稀発月経(月経後期)の可能性があります。

 

月経周期が長くなりやすい方は排卵がスムーズに行われていない可能性が高いです。

ホルモンバランスの乱れ以外にも、多嚢胞性卵巣症候群やクッシング症候群、先天性副腎過形成症、下垂体腺腫などの疾患が隠れている可能性もあるので注意が必要になります。

 

排卵検査薬などで排卵の確認はできるが、生理周期が長いという場合は、卵胞を育てるのに通常よりも時間がかかっています。卵胞が排卵できるまで成長するためには、血流にのって気血(ホルモンや栄養分)が十分に卵巣へ届けられる必要があります。そのため、血流状態や栄養状態、ホルモンバランスなどが影響してきます。

 

気滞による月経後期

 

生理周期 遅れがち
出血の量や色、塊の有無 全体的な出血量が少ないか正常、色が暗めで塊が出る
その他 下腹部・脇腹・乳房に張りがあり、気分が憂鬱になりやすい

 

といった特徴があります。

気分が滅入ってくると気の流れが滞り、同時に血の流れも滞ってきます。

血の流れが滞ることで婦人科系への血の流れも低下し生理が遅れがちになります。

 

 

そのため、気滞による月経後期の場合は疎肝理気の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

烏薬湯があります。

烏薬 香附子 当帰 木香 甘草

 

当店では体に負担の少ない漢方薬でオーダメイドの治療ができますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧