漢方婦人科 〜月経時以外に出血が続く方 まとめ〜

月経時以外に出血が続く方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3〜7日以内 過短月経、過長月経(経期延長)
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

月経周期以外で膣から出血した場合は「不正出血」の可能性があります。

 

 

西洋医学で考えますと不正出血の原因として、何らかの病気が原因(器質性出血)・ホルモンバランスの乱れが原因(機能性出血)・排卵期に出血(中間期出血)・着床時の出血、性交などで膣内が傷ついたことによる出血などがあります。

 

器質性出血を起こす代表的な病気には、子宮筋腫、子宮内膜症、膣炎、子宮膣部びらん、子宮頸管ポリープ、子宮頸がん、子宮体がんなどがあります。

 

機能性出血はホルモンバランスが乱れやすいな思春期や更年期に多くみられます。

ダラダラと出血が続く無排卵月経や、生理前に少量の出血が続く黄体機能不全などがあり、脳下垂体や卵巣などホルモンの分泌に関係している器官の働きが落ちているなどが疑われます。

 

 

西洋医学ではホルモン剤や抗生物質を使用した薬物療法や腫瘍がある場合は外科的な治療を施すのが一般的な治療になります。

 

 

漢方薬の世界では『崩漏』と呼び、『崩』と『漏』に分けて考えていきます。

 

『崩』とは出血が突然かつ急激で血量が多いもの。

『漏』とは出血が緩慢で血量が少ないものを意味します。

 

 

不正出血が気になる方は体に負担の少ない漢方薬で治療することもできますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

月経時以外に出血が続く方1
月経時以外に出血が続く方2
月経時以外に出血が続く方3
月経時以外に出血が続く方4
月経時以外に出血が続く方5
月経時以外に出血が続く方6
月経時以外に出血が続く方7
月経時以外に出血が続く方8

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜月経時の出血量が長引く方『過長月経』まとめ〜

月経時の出血が長引く方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3〜7日以内 過短月経、過長月経(経期延長)
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

月経周期は順調なのに経期が7日間以上ひどくなると15日ほど続く方は過長月経の可能性があります。

 

 

西洋医学で考えますと出血の日数が長くなる原因として、ホルモンバランスの乱れや子宮の疾患が疑われます。

女性ホルモンの分泌に関係する器官(視床下部、脳下垂体、卵巣など)に何らかのトラブルがあって無排卵周期になっていたり、または黄体ホルモンの分泌が不十分なために黄体機能不全になっていたりする可能性があります。

 

西洋医学ではホルモン剤を使用した薬物療法や子宮筋腫・腺筋症などが存在する場合は外科的な治療を施すのが一般的な治療になります。

 

 

古くは「諸病源候論」にて『月水不断』と記載されており、古くから多くの治療がなされてきました。

 

月経時の出血量が長引く方は体に負担の少ない漢方薬で治療することもできますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

月経時の出血量が長引く方1
月経時の出血量が長引く方2
月経時の出血量が長引く方3
月経時の出血量が長引く方4
月経時の出血量が長引く方5

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜月経時の出血量が多い方『過多月経』まとめ〜

月経時の出血量が多い方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

月経周期は順調なのに出血量が80mlより多い方は過多月経の可能性があります。

*一般的な月経は多い日で2~3時間で昼用ナプキンを取り換えるくらいが目安です。

 

経血量が増えるケースは

①月経期間が長引くことで結果的に出血量が増えた。

②月経期間は正常だが経血量が多い。

の二種類に分けられます。

今回の過多月経では②の「月経期間は正常だが経血量が多い」についてです。

 

 

西洋医学で考えますと月経の量が多くなる原因として、婦人科系の疾患が疑われます。

代表的なものとして

「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」などがあります。

上記の疾患は不妊症の原因となる可能性があります。

 

西洋医学ではホルモン剤を使用した薬物療法や外科的な治療を施すのが一般的な治療になります。

 

 

金匱要略の温経湯方下には「月水来ること過多・・・」、聖済総録には「室女の経水過多、連綿と続いて止まらない・・・」と言った記載がされています。

月経時の出血量が多い方は体に負担の少ない漢方薬で治療することもできますのでお気軽にご相談くださいね。

 

月経時の出血量が多い方1
月経時の出血量が多い方2
月経時の出血量が多い方3
月経時の出血量が多い方4

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜月経時の出血量が多い方『過多月経』1〜

月経時の出血量が多い方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

月経周期は順調なのに出血量が80mlより多い方は過多月経の可能性があります。

*一般的な月経は多い日で2~3時間で昼用ナプキンを取り換えるくらいが目安です。

 

経血量が増えるケースは

①月経期間が長引くことで結果的に出血量が増えた。

②月経期間は正常だが経血量が多い。の二種類に分けられます。

今回の過多月経では②の「月経期間は正常だが経血量が多い」についてです。

 

 

西洋医学で考えますと月経の量が多くなる原因として、婦人科系の疾患が疑われます。

代表的なものとして

「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」などがあります。

上記の疾患は不妊症の原因となる可能性があります。

 

西洋医学ではホルモン剤を使用した薬物療法や外科的な治療を施すのが一般的な治療になります。

 

 

金匱要略の温経湯方下には「月水来ること過多・・・」、聖済総録には「室女の経水過多、連綿と続いて止まらない・・・」と言った記載がされています。

 

月経時の出血量が多い方は体に負担の少ない漢方薬で治療することもできますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜月経時の出血量が少ない方『過少月経』まとめ〜

月経時の出血量が少ない方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

月経周期は順調なのに出血量が20mlより少ない方、または出血が2日未満で終わってしまう方は過少月経の可能性があります。

*一般的な月経は多い日で2~3時間で昼用ナプキンを取り換えるくらいが目安です。

 

 

西洋医学で考えますと月経の量が少なくなる原因として、ホルモン分泌の乱れ・子宮の器質的要因によるものがあると考えます。

ホルモン分泌の乱れによるものとしては「多嚢胞性卵巣症候群」「甲状腺疾患」「脳下垂体の異常」などが挙げらます。

器質的要因としては「子宮腔内の癒着」「子宮の発育不全」などの病態が挙げられます。

 

病院の検査で上記の疾患が否定され、お子様をご希望される場合の出血量の少なさは「子宮内膜が薄い場合」と「子宮内膜が十分はがれない場合」が考えられます。

こちらは共に不妊症の原因となる可能性があります。

 

 

古くに書かれた医学書、月水不調候には「月水・・・・たちまち少なくなる」(月水は月経を意味します)という記載があります。当時から過少月経を注意していたことが伺えます。

 

経血が少ないほうが不快感は少ないから快適 ♪ などと決して思わないでくださいね。

月経時の出血量が少ない方は体に負担の少ない漢方薬で治療することもできますのでお気軽にご相談くださいね。

 

月経時の出血量が少ない方1
月経時の出血量が少ない方2
月経時の出血量が少ない方3

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜月経時の出血量が少ない方『過少月経』3〜

月経時の出血量が少ない方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

月経周期は順調なのに出血量が20mlより少ない方、または出血が2日未満で終わってしまう方は過少月経の可能性があります。

*一般的な月経は多い日で2~3時間で昼用ナプキンを取り換えるくらいが目安です。

 

 

西洋医学で考えますと月経の量が少なくなる原因として、ホルモン分泌の乱れ・子宮の器質的要因によるものがあると考えます。

ホルモン分泌の乱れによるものとしては「多嚢胞性卵巣症候群」「甲状腺疾患」「脳下垂体の異常」などが挙げらます。

器質的要因としては「子宮腔内の癒着」「子宮の発育不全」などの病態が挙げられます。

 

病院の検査で上記の疾患が否定され、お子様をご希望される場合の出血量の少なさは「子宮内膜が薄い場合」と「子宮内膜が十分はがれない場合」が考えられます。

こちらは共に不妊症の原因となる可能性があります。

 

 

古くに書かれた医学書、月水不調候には「月水・・・・たちまち少なくなる」(月水は月経を意味します)という記載があります。当時から過少月経を注意していたことが伺えます。

 

 

血虚による過少月経

 

出血の量や色、塊の有無 出血量が少ないまたは数滴、色が淡くサラサラしている
その他 めまい、動悸、下腹部に軽めの持続的な痛みがある、視界がかすみやすい

 

といった特徴があります。

ざっくりと言うと体の栄養不足である血虚。

様々な場所が栄養不足になり、めまいや目のかすみ、動悸などが現れてしまいます。

婦人科系の子宮や卵巣が栄養不足になることで出血量も少なくなってしまいます。

 

 

 

そのため、血虚による過少月経の場合は養血、調経の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

滋血湯があります。

 

人参 茯苓 熟地黄 川芎 当帰 白芍 山薬 黄耆

 

 

経血が少ないほうが不快感は少ないから快適 ♪ などと決して思わないでくださいね。

月経時の出血量が少ない方は体に負担の少ない漢方薬で治療することもできますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜月経時の出血量が少ない方『過少月経』2〜

月経時の出血量が少ない方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

月経周期は順調なのに出血量が20mlより少ない方、または出血が2日未満で終わってしまう方は過少月経の可能性があります。

*一般的な月経は多い日で2~3時間で昼用ナプキンを取り換えるくらいが目安です。

 

 

西洋医学で考えますと月経の量が少なくなる原因として、ホルモン分泌の乱れ・子宮の器質的要因によるものがあると考えます。

ホルモン分泌の乱れによるものとしては「多嚢胞性卵巣症候群」「甲状腺疾患」「脳下垂体の異常」などが挙げらます。

器質的要因としては「子宮腔内の癒着」「子宮の発育不全」などの病態が挙げられます。

 

病院の検査で上記の疾患が否定され、お子様をご希望される場合の出血量の少なさは「子宮内膜が薄い場合」と「子宮内膜が十分はがれない場合」が考えられます。

こちらは共に不妊症の原因となる可能性があります。

 

 

古くに書かれた医学書、月水不調候には「月水・・・・たちまち少なくなる」(月水は月経を意味します)という記載があります。当時から過少月経を注意していたことが伺えます。

 

 

腎虚による過少月経

 

月経の状態 初潮が遅かった・元々量が少なかったまたは徐々に少なくなってきた
出血の量や色、塊の有無 色がどちらかというと暗く、サラサラしている
その他 耳鳴り、めまい、腰痛、踵の痛みがある、睡眠時に尿意がある、冷えやすい

 

といった特徴があります。

卵巣機能の低下を意味する腎虚。

腎の働きが低下すると、卵巣の栄養分である精血も不足しがちになります。衝脈・任脈・血海も栄養失調の状態になり、出血量が少なくなってきてしまいます。

 

腎虚による過少月経は腎陽虚(冷えやすい)、腎陰虚(火照りやすい)によるものがあります。

 

そのため、腎虚による過少月経の場合は補腎、養血、調経の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

帰腎丸があります。

 

熟地黄 山薬 山茱萸 茯苓 枸杞子 杜仲 菟絲子 当帰

 

 

経血が少ないほうが不快感は少ないから快適 ♪ などと決して思わないでくださいね。

月経時の出血量が少ない方は体に負担の少ない漢方薬で治療することもできますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜月経時の出血量が少ない方『過少月経』1〜

月経時の出血量が少ない方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

月経周期は順調なのに出血量が20mlより少ない方、または出血が2日未満で終わってしまう方は過少月経の可能性があります。

*一般的な月経は多い日で2~3時間で昼用ナプキンを取り換えるくらいが目安です。

 

 

西洋医学で考えますと月経の量が少なくなる原因として、ホルモン分泌の乱れ・子宮の器質的要因によるものがあると考えます。

ホルモン分泌の乱れによるものとしては「多嚢胞性卵巣症候群」「甲状腺疾患」「脳下垂体の異常」などが挙げらます。

器質的要因としては「子宮腔内の癒着」「子宮の発育不全」などの病態が挙げられます。

 

病院の検査で上記の疾患が否定され、お子様をご希望される場合の出血量の少なさは「子宮内膜が薄い場合」と「子宮内膜が十分はがれない場合」が考えられます。

こちらは共に不妊症の原因となる可能性があります。

 

 

古くに書かれた医学書、月水不調候には「月水・・・・たちまち少なくなる」(月水は月経を意味します)という記載があります。当時から過少月経を注意していたことが伺えます。

 

 

経血が少ないほうが不快感は少ないから快適 ♪ などと決して思わないでくださいね。

月経時の出血量が少ない方は体に負担の少ない漢方薬で治療することもできますのでお気軽にご相談くださいね。

次回以降で詳しく解説をしていきますね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜生理周期が安定しない方『月経不順』3〜

生理周期が安定しない方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3 〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

生理周期が予定日より7日以上遅れたり、早くなったりする方は月経不順(月経先後無定期・経乱)の可能性があります。

 

月経期になると視床下部から脳下垂体に卵胞刺激ホルモン(FSH)が分泌されます。

FSHの働きにより卵巣内で約14日間かけて卵胞が育ち、その卵胞から卵胞ホルモン(エストロゲン)というホルモンが分泌されて子宮内膜が増殖し始めます。

卵胞が完全に成熟すると、卵胞から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に増加し、脳下垂体から大量の黄体ホルモン(LH)が分泌され、卵子が排卵します。

卵子が排卵し抜け殻となった卵胞が黄体になり、約14日間かけて黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌し、子宮内膜の厚さを維持させます。

受精卵が着床すると妊娠が成立しますが、着床しなかった場合は、黄体は衰退して白体となり黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少し、子宮内膜が剥がれ落ち生理が起こります。

 

 

腎虚による月経先後不定期

 

生理周期 一定でない
出血の量や色、塊の有無 全体的な出血量が少なく、色が淡暗でサラサラしている

または

全体的な出血量が安定せず、塊が出る

その他 耳鳴りや尾てい骨にだるい痛みを感じ、睡眠中にトイレで起きることが多い

または

生理前や生理中に胸が張り、腰膝がだるく、精神的に疲れを感じやすい

 

といった特徴があります。

腎虚状態になりますと卵巣機能が低下し、衝任不調となり、生理周期が乱れやすくなります。

 

 

そのため、腎虚による月経先後不定期の場合は補腎の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

固陰煎・定経湯があります。

人参 熟地黄 山薬 山茱萸 菟絲子 遠志 五味子 炙甘草

 

柴胡 炒荊芥 当帰 白芍 山薬 茯苓 菟絲子 熟地黄

当店では体に負担の少ない漢方薬でオーダメイドの治療ができますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜生理周期が安定しない方『月経不順』2〜

生理周期が安定しない方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3 〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

生理周期が予定日より7日以上遅れたり、早くなったりする方は月経不順(月経先後無定期・経乱)の可能性があります。

 

月経期になると視床下部から脳下垂体に卵胞刺激ホルモン(FSH)が分泌されます。

FSHの働きにより卵巣内で約14日間かけて卵胞が育ち、その卵胞から卵胞ホルモン(エストロゲン)というホルモンが分泌されて子宮内膜が増殖し始めます。

卵胞が完全に成熟すると、卵胞から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に増加し、脳下垂体から大量の黄体ホルモン(LH)が分泌され、卵子が排卵します。

卵子が排卵し抜け殻となった卵胞が黄体になり、約14日間かけて黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌し、子宮内膜の厚さを維持させます。

受精卵が着床すると妊娠が成立しますが、着床しなかった場合は、黄体は衰退して白体となり黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少し、子宮内膜が剥がれ落ち生理が起こります。

 

 

肝鬱による月経先後不定期

 

生理周期 一定でない
出血の量や色、塊の有無 出血量が不安定で、色が暗く、塊が出やすい
その他 下腹部・脇腹・乳房に張りがあり、気分が憂鬱になりやすい

 

といった特徴があります。

気分が滅入ってくると気の流れが滞り、同時に血の流れも滞ってきます。

血の流れが滞ることで婦人科系への血の流れも低下し生理のリズムが不安定になります。

 

 

そのため、気滞による月経先後不定期の場合は疎肝理気の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

逍遥散があります。

柴胡 当帰 白芍 白朮 茯苓 炙甘草 煨姜 薄荷

 

当店では体に負担の少ない漢方薬でオーダメイドの治療ができますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜生理周期が安定しない方『月経不順』1〜

生理周期が安定しない方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3 〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

生理周期が予定日より7日以上遅れたり、早くなったりする方は月経不順(月経先後無定期・経乱)の可能性があります。

 

月経期になると視床下部から脳下垂体に卵胞刺激ホルモン(FSH)が分泌されます。

FSHの働きにより卵巣内で約14日間かけて卵胞が育ち、その卵胞から卵胞ホルモン(エストロゲン)というホルモンが分泌されて子宮内膜が増殖し始めます。

卵胞が完全に成熟すると、卵胞から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に増加し、脳下垂体から大量の黄体ホルモン(LH)が分泌され、卵子が排卵します。

卵子が排卵し抜け殻となった卵胞が黄体になり、約14日間かけて黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌し、子宮内膜の厚さを維持させます。

受精卵が着床すると妊娠が成立しますが、着床しなかった場合は、黄体は衰退して白体となり黄体ホルモン(プロゲステロン)と卵胞ホルモン(エストロゲン)が減少し、子宮内膜が剥がれ落ち生理が起こります。

 

月経不順の原因は急激なダイエットやストレスによるホルモンバランスの崩れが多く、心の悩みや不規則な生活によって月経リズムが乱れる人もいます。また子宮や卵巣、甲状腺などの病気が原因になっていることもありますのでしっかりとしたケアが大事になります。

 

 

生理周期の乱れは体に負担の少ない漢方薬で治療することもできますのでお気軽にご相談くださいね。

次回以降で詳しく解説をしていきますね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜生理周期が長くなりやすい方『稀発月経』6〜

生理周期が長い方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3 〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

生理周期が予定日より7日以上遅れたり、40日〜50日に一度来る状態が2周期以上続いている方は稀発月経(月経後期)の可能性があります。

 

月経周期が長くなりやすい方は排卵がスムーズに行われていない可能性が高いです。

ホルモンバランスの乱れ以外にも、多嚢胞性卵巣症候群やクッシング症候群、先天性副腎過形成症、下垂体腺腫などの疾患が隠れている可能性もあるので注意が必要になります。

 

排卵検査薬などで排卵の確認はできるが、生理周期が長いという場合は、卵胞を育てるのに通常よりも時間がかかっています。卵胞が排卵できるまで成長するためには、血流にのって気血(ホルモンや栄養分)が十分に卵巣へ届けられる必要があります。そのため、血流状態や栄養状態、ホルモンバランスなどが影響してきます。

 

気滞による月経後期

 

生理周期 遅れがち
出血の量や色、塊の有無 全体的な出血量が少ないか正常、色が暗めで塊が出る
その他 下腹部・脇腹・乳房に張りがあり、気分が憂鬱になりやすい

 

といった特徴があります。

気分が滅入ってくると気の流れが滞り、同時に血の流れも滞ってきます。

血の流れが滞ることで婦人科系への血の流れも低下し生理が遅れがちになります。

 

 

そのため、気滞による月経後期の場合は疎肝理気の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

烏薬湯があります。

烏薬 香附子 当帰 木香 甘草

 

当店では体に負担の少ない漢方薬でオーダメイドの治療ができますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜生理周期が長くなりやすい方『稀発月経』5〜

生理周期が長い方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3 〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

生理周期が予定日より7日以上遅れたり、40日〜50日に一度来る状態が2周期以上続いている方は稀発月経(月経後期)の可能性があります。

 

月経周期が長くなりやすい方は排卵がスムーズに行われていない可能性が高いです。

ホルモンバランスの乱れ以外にも、多嚢胞性卵巣症候群やクッシング症候群、先天性副腎過形成症、下垂体腺腫などの疾患が隠れている可能性もあるので注意が必要になります。

 

排卵検査薬などで排卵の確認はできるが、生理周期が長いという場合は、卵胞を育てるのに通常よりも時間がかかっています。卵胞が排卵できるまで成長するためには、血流にのって気血(ホルモンや栄養分)が十分に卵巣へ届けられる必要があります。そのため、血流状態や栄養状態、ホルモンバランスなどが影響してきます。

 

血寒(実寒)による月経後期

 

生理周期 遅れがち
出血の量や色、塊の有無 全体的な出血量が少ない、色が暗めで塊が出る
その他 冷え性で下腹部に痛みがあり温めると楽になる、顔色が青白い

 

といった特徴があります。

冷たいものの摂りすぎや体を冷やしやすい服装を好んでいると血寒(実寒)になりやすいです。

寒邪が体の中に入り込むことで陽気を損傷し、体の冷えが現れてきます。

 

 

そのため、血寒(実寒)による月経後期の場合は温経散寒の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

温経湯(婦人大全良方)があります。

当帰 川芎 白芍 肉桂 莪朮 牡丹皮 人参 牛膝 甘草

 

当店では体に負担の少ない漢方薬でオーダメイドの治療ができますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜生理周期が長くなりやすい方『稀発月経』4〜

生理周期が長い方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3 〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

生理周期が予定日より7日以上遅れたり、40日〜50日に一度来る状態が2周期以上続いている方は稀発月経(月経後期)の可能性があります。

 

月経周期が長くなりやすい方は排卵がスムーズに行われていない可能性が高いです。

ホルモンバランスの乱れ以外にも、多嚢胞性卵巣症候群やクッシング症候群、先天性副腎過形成症、下垂体腺腫などの疾患が隠れている可能性もあるので注意が必要になります。

 

排卵検査薬などで排卵の確認はできるが、生理周期が長いという場合は、卵胞を育てるのに通常よりも時間がかかっています。卵胞が排卵できるまで成長するためには、血流にのって気血(ホルモンや栄養分)が十分に卵巣へ届けられる必要があります。そのため、血流状態や栄養状態、ホルモンバランスなどが影響してきます。

 

血寒(虚寒)による月経後期

 

生理周期 遅れがち
出血の量や色、塊の有無 全体的な出血量が少ない、色が淡くでサラサラしている
その他 冷え性で下腹部に痛みがあり温めると楽になる、腰膝がだるい、お小水の量が多く、便が緩い

 

といった特徴があります。

体を温める陽気が不足すると内寒を生じるようになります。

陽気が不足している状態ですのでお腹に手を当てて温めることを好むようになり、お小水も量が多くなります。また脾(消化器系)の働きも落ちることで便が緩めになります。

 

 

そのため、血寒(虚寒)による月経後期の場合は養血調経、扶陽の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

艾附暖宮丸があります。

艾葉 香附子 当帰 続断 呉茱萸 川芎 白芍 黄耆 生地黄 肉桂

 

当店では体に負担の少ない漢方薬でオーダメイドの治療ができますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜生理周期が長くなりやすい方『稀発月経』3〜

生理周期が長い方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3 〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

生理周期が予定日より7日以上遅れたり、40日〜50日に一度来る状態が2周期以上続いている方は稀発月経(月経後期)の可能性があります。

 

月経周期が長くなりやすい方は排卵がスムーズに行われていない可能性が高いです。

ホルモンバランスの乱れ以外にも、多嚢胞性卵巣症候群やクッシング症候群、先天性副腎過形成症、下垂体腺腫などの疾患が隠れている可能性もあるので注意が必要になります。

 

排卵検査薬などで排卵の確認はできるが、生理周期が長いという場合は、卵胞を育てるのに通常よりも時間がかかっています。卵胞が排卵できるまで成長するためには、血流にのって気血(ホルモンや栄養分)が十分に卵巣へ届けられる必要があります。そのため、血流状態や栄養状態、ホルモンバランスなどが影響してきます。

 

血虚による月経後期

 

生理周期 遅れがち
出血の量や色、塊の有無 全体的な出血量が少ない、色が淡くでサラサラしている
その他 下腹部に痛みがあり、倦怠感、めまい、かすみ目、動悸、睡眠の質が悪い

 

といった特徴があります。

血虚状態になると卵巣の栄養分の血が不足しますので生理が遅れやすくなります。

また頭部への血の運行も疎かになりますのでめまいやかすみ目、顔色が悪くなりやすいです。

 

 

そのため、血虚による月経後期の場合は養血調経の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

大補元煎があります。

人参 山薬 杜仲 当帰 枸杞子 熟地黄 山茱萸 炙甘草

 

当店では体に負担の少ない漢方薬でオーダメイドの治療ができますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜生理周期が長くなりやすい方『稀発月経』2〜

生理周期が長い方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3 〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

生理周期が予定日より7日以上遅れたり、40日〜50日に一度来る状態が2周期以上続いている方は稀発月経(月経後期)の可能性があります。

 

月経周期が長くなりやすい方は排卵がスムーズに行われていない可能性が高いです。

ホルモンバランスの乱れ以外にも、多嚢胞性卵巣症候群やクッシング症候群、先天性副腎過形成症、下垂体腺腫などの疾患が隠れている可能性もあるので注意が必要になります。

 

排卵検査薬などで排卵の確認はできるが、生理周期が長いという場合は、卵胞を育てるのに通常よりも時間がかかっています。卵胞が排卵できるまで成長するためには、血流にのって気血(ホルモンや栄養分)が十分に卵巣へ届けられる必要があります。そのため、血流状態や栄養状態、ホルモンバランスなどが影響してきます。

 

腎虚による月経後期

 

生理周期 遅れがち
出血の量や色、塊の有無 全体的な出血量が少ない、色が暗淡でサラサラしている
その他 腰や膝がだるく、めまい・耳鳴りが気になり顔色が暗い

 

といった特徴があります。

腎虚とは端的にいうと卵巣機能の低下を意味します。

 

 

そのため、腎虚による月経後期の場合は養血益精、補腎気・固命門の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

当帰地黄飲があります。

当帰 熟地黄 山薬 杜仲 牛膝 山茱萸 炙甘草

 

当店では体に負担の少ない漢方薬でオーダメイドの治療ができますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜生理周期が長くなりやすい方『稀発月経』1〜

生理周期が長い方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 稀発月経、頻発月経
持続日数 3 〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

生理周期が予定日より7日以上遅れたり、40日〜50日に一度来る状態が2周期以上続いている方は稀発月経(月経後期)の可能性があります。

 

月経周期が長くなりやすい方は排卵がスムーズに行われていない可能性が高いです。

ホルモンバランスの乱れ以外にも、多嚢胞性卵巣症候群やクッシング症候群、先天性副腎過形成症、下垂体腺腫などの疾患が隠れている可能性もあるので注意が必要になります。

 

排卵検査薬などで排卵の確認はできるが、生理周期が長いという場合は、卵胞を育てるのに通常よりも時間がかかっています。卵胞が排卵できるまで成長するためには、血流にのって気血(ホルモンや栄養分)が十分に卵巣へ届けられる必要があります。そのため、血流状態や栄養状態、ホルモンバランスなどが影響してきます。

 

月経後期(稀発月経)は3世紀に中国で書かれた金匱要略にも「期が至りても来ず」という記載があるように昔から多くの女性を悩ませてきました。

 

生理周期が遅れて気になる方は体に負担の少ない漢方薬で治療することもできますのでお気軽にご相談くださいね。

次回以降で詳しく解説をしていきますね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜生理周期が早い方『頻発月経』5 イライラしやすく生理周期が早い方〜

こんにちは

成田の漢方薬局 下田康生堂です。

 

生理周期が早い方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 希発月経、頻発月経
持続日数 3 〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

生理周期が24日よりも早い、また一月に2回以上の生理が2周期以上続いてしまう方は頻発月経(漢方薬では月経先期)の可能性があります。

 

西洋医学では

1:排卵までの周期(卵胞期)が早くなることで周期全体が短くなっている。

2:排卵から生理までの高温期(黄体期)が短くなることで周期全体が短くなっている。

3:そもそも排卵自体がない。

上記の3つの理由が考えられ、ホルモン値を計測し、妊娠を望む望まないによって治療方法が変わってきます。

 

もし生理周期が早い方(月経先期)の方が妊娠を望まれる場合以下の状態が考えれます。

1の場合:卵を育てる期間が短いので卵胞の質が低下している可能性が考えられます。

2の場合:高温期が短くなっているので、着床・妊娠の維持に悪影響が出る可能性が考えられます。

3の場合:排卵がないので精子と卵子が出会うことができない。

 

陽盛血熱による月経先期

 

生理周期 24日以下
出血の量や色、塊の有無 全体的な出血量が多い、色が濃い赤でネバネバしている
その他 イライラしがち、冷たい飲料を好み、口渇、顔色が赤い、便秘がちで小便が濃い

 

といった特徴があります。

本来は陰と陽がバランス良く存在しているのが理想的な状態ですが、陽盛の状態ですと陽が強くなりすぎている状態になります。

陽の性質として体を温める働きがありますので、陽が強くなることで体内に熱が生じ、熱が精神面を不安定にさせ、イライラしやすくなります。

 

 

そのため、陽盛血熱による月経先期の場合は清熱瀉火、涼血調経の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

清経散があります。

熟地黄 地骨皮 芍薬 青蒿 茯苓 牡丹皮 黄柏

 

ホルモン剤による生理周期の治療に抵抗のある方は体に負担の少ない漢方薬で治療することもできますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜生理周期が早い方『頻発月経』4 手足の熱感を伴い生理周期が早い方〜

こんにちは

成田の漢方薬局 下田康生堂です。

 

生理周期が早い方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 希発月経、頻発月経
持続日数 3 〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

生理周期が24日よりも早い、また一月に2回以上の生理が2周期以上続いてしまう方は頻発月経(漢方薬では月経先期)の可能性があります。

 

西洋医学では

1:排卵までの周期(卵胞期)が早くなることで周期全体が短くなっている。

2:排卵から生理までの高温期(黄体期)が短くなることで周期全体が短くなっている。

3:そもそも排卵自体がない。

上記の3つの理由が考えられ、ホルモン値を計測し、妊娠を望む望まないによって治療方法が変わってきます。

 

もし生理周期が早い方(月経先期)の方が妊娠を望まれる場合以下の状態が考えれます。

1の場合:卵を育てる期間が短いので卵胞の質が低下している可能性が考えられます。

2の場合:高温期が短くなっているので、着床・妊娠の維持に悪影響が出る可能性が考えられます。

3の場合:排卵がないので精子と卵子が出会うことができない。

 

陰虚血熱による月経先期

 

生理周期 24日以下
出血の量や色、塊の有無 全体的な出血量が多いか少ない、色が赤くネバネバしている
その他 両手の掌・足の裏の熱感、精神的に不安的になりがち、口渇

 

といった特徴があります。

陰虚とは陰分の量が少ない状態を現す漢方用語になります。

本来は陰と陽がバランス良く存在しているのが理想的な状態ですが、陰虚の状態ですと陰分が少なくなり相対的に陽が強くなっている状態になります。

陽の性質として体を温める働きがありますので、陰虚状態ですと偽の熱が体に現れてきます。

 

 

そのため、陰虚血熱による月経先期の場合は養陰清熱、養血調経の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

両地湯があります。

 

生地黄 玄参 芍薬 阿膠 麦門冬 地骨皮

 

ホルモン剤による生理周期の治療に抵抗のある方は体に負担の少ない漢方薬で治療することもできますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら

 

漢方婦人科 〜生理周期が早い方『頻発月経』3 膝腰のダルさや目眩・耳鳴りを伴い生理周期は早い方〜

こんにちは

成田の漢方薬局 下田康生堂です。

 

生理周期が早い方について

 

正常な生理をご存知でしょうか?

 

正常 異常
月経開始年齢 12歳ごろ 早発月経・遅発月経
月経血量 50〜150cc 過少月経・過多月経
凝血(塊) なし あり
周期 25〜38日(変動が6日以内) 希発月経、頻発月経
持続日数 3 〜7日以内 過短月経、過長月経
排卵 あり なし
月経障害 なし〜軽度 月経困難症、月経前症候群

 

生理周期が24日よりも早い、また一月に2回以上の生理が2周期以上続いてしまう方は頻発月経(漢方薬では月経先期)の可能性があります。

 

西洋医学では

1:排卵までの周期(卵胞期)が早くなることで周期全体が短くなっている。

2:排卵から生理までの高温期(黄体期)が短くなることで周期全体が短くなっている。

3:そもそも排卵自体がない。

上記の3つの理由が考えられ、ホルモン値を計測し、妊娠を望む望まないによって治療方法が変わってきます。

 

もし生理周期が早い方(月経先期)の方が妊娠を望まれる場合以下の状態が考えれます。

1の場合:卵を育てる期間が短いので卵胞の質が低下している可能性が考えられます。

2の場合:高温期が短くなっているので、着床・妊娠の維持に悪影響が出る可能性が考えられます。

3の場合:排卵がないので精子と卵子が出会うことができない。

 

腎気虚による月経先期

 

生理周期 24日以下
出血の量や色、塊の有無 全体的な出血量が多いか少ない、色が浅黒い
その他 腰膝がだるい、目眩や耳鳴りを伴い小便の数が多い

 

といった特徴があります。

気虚とは気の量が少ない状態を現す漢方用語になります。

気は体中に分布していますが、その中でも腎にある気の量が少ない状態を腎気虚と表現します。

 

腎は衝脈・任脈に深く関与しておりますので、腎気が不足することで、衝脈・任脈を固摂することができなくなり、出血量が多くなってきます。また腎虚による精血不足が強く出ると出血量が少なくなってきます。

 

 

そのため、腎気虚による月経先期の場合は補腎益気、固衝調経の漢方薬を中心に使用していくことになります。

代表的な漢方薬として

 

固陰煎があります。

 

人参 熟地黄 山薬 山茱萸 遠志 五味子 菟絲子 甘草

 

ホルモン剤による生理周期の治療に抵抗のある方は体に負担の少ない漢方薬で治療することもできますのでお気軽にご相談くださいね。

 

 

漢方薬で期待できることはこちら

 

 

婦人科系コラム一覧

 

 

オンラインでの漢方相談はこちら